同人を印刷すれば一般人でもすぐに出版できる|夢を実現

利便性が高く信頼できる

オンライン上で作業可能

カラーチャート

同人グッズの作成の際に、バッグやCDに対して印刷をすることができれば、高い収入を得ることができます。
同人グッズの印刷を行っている業者では、様々な加工に対応していて、きちんとオンライン上でデータの入稿ができる設定になっています。
そのため自宅でデザインしたパッケージを、業者に送って細かい調整をするだけで、同人グッズの印刷作業を完了することができます。
同人グッズの印刷では、色々とデザインや加工にこだわりを持っている方が多いですが、印刷業者では、データの入稿に関してのカスタマイズができるようになっているので、デザインの幅は広いです。
また扱っているグッズの種類も豊富でバッグやチラシの他にも、様々なグッズに印刷をすることが可能です。
同人グッズの印刷に対応する業者では、専用のプランを用意していて、気軽に利用できる環境が整備されています。
費用に関しても多くの量を一度に依頼すれば、大幅にプライスオフになるプランもあるので、用途に合わせて自由にプランを選択することができます。
同人グッズの印刷を業者に頼むと、印刷作業が終わると郵送で商品を送ってくれます。
その際の送料に関しては無料で対応しているケースが多いです。
とくに大量に商品を発注した場合には、色々な割引プランが適用され、送料に関してもすべてが無料になります。
また時間を指定した配送や、当日配送などにも対応しているので、利便性はとても高い状況となっています。

ゆっくり選びましょう

色見本

同人活動を行なうときにまずコピー誌から始めてみる方も多いのではないでしょうか。
自力で行える作業なので初めの一歩としては最適と言えるかもしれませんが、その出来上がりはあまり満足できるものではないので、次のステップを目指すのは自然なことと言えるかもしれません。
そのステップというのはもちろんプロの業者に印刷を依頼することです。
一昔前に同人活動を行なっていた方々は、同人誌をどのように印刷するかで苦労していたそうですが、現在は同人誌の印刷を専門に行なっている業者も数多くあります。
むしろ、どの業者を選べばいいのかで迷う方も多いかもしれません。
それほど今は同人活動とそれに関わる分野の発展が著しいということです。
やはり印刷の品質や装丁の美しさは素人では出せないものなので、同人誌を発行するならプロの業者に是非とも依頼をしたいものです。
しかし、一口に業者選びと言っても様々な観点が存在すると言えるでしょう。
まず値段は重要な問題になりますし、各業者による締め切りの設定というものにも注意する必要があると言えます。
またどんな品質の紙を使用するか印刷の部数はどれくらいなのか、印刷の方式はどうするのかなど多様なポイントを総合的に判断しなければならないので、最初はとても大変な作業になるでしょう。
ですから同人活動の知り合いやインターネット上の意見を参考にして無理のない範囲で印刷業者選びをすれば、楽しんで同人誌作りを行なうための一助になるでしょう。

レベルに応じた業者選びを

男の人

最近、漫画愛好家の中には他人の作品を読むだけでなく自らも漫画を描き、同人誌を発行する人が増えてきています。
同人誌とは、同じ趣味を持つ人たちが原稿を持ち寄り、自費で刊行する雑誌形式の冊子です。
評論やエッセイなどを掲載することもありますが、主流となっているのはオリジナルの漫画作品や有名作品のパロディなどです。
同人誌の発行部数は、年々増加の一途をたどっています。
これは、展示即売会やネット通販などを通じて比較的簡単に雑誌を流通させることのできる環境が整ってきたことが大きな理由となっていますが、もう1つ、同人誌を専門に扱う印刷業者の数が増えてきたことも影響しています。
こうした印刷業者の中には、過去の実績に基づいたノウハウを生かし、標準的な同人誌の制作をセットメニューにして提供しているところが少なくありません。
初めて同人誌を発行するので印刷の指定の仕方などがよく分からないという人であれば、こうしたメニューを持っているかどうかを基準にして印刷業者を選べば、未経験でも安心して制作を依頼することができます。
一方、上級者の場合はその業者が各種のオプションに対応しているかどうかも重要な選定基準になります。
光沢や凹凸のある紙を使う、飛び出し絵本のような加工を行うなど、特殊な注文に応じてくれる業者であれば、作品世界をより効果的に表現するためのさまざまなオプションを活用できます。
さらに、うちわや缶バッチなどのノベルティグッズが欲しい時は、そうした製品の制作を扱っている業者を選べば雑誌本体と一緒に発注することができます。